焦らず怠らず

2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

受験のシンデレラ

良かったね~
今期ドラマで最高だった。
丁寧でドラマチックでかつ優しさがいっぱい。
小泉孝太郎。。いいじゃないか。
川口春奈ちゃん。熱演。
東京タワーのシーンは一緒に泣いてしまったよ。
同じ見るならこんなドラマがいい。
泣くけど、心があたたまる。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

復調と書いたら・・

ババ入院。
救急車初要請。

早朝、チャイムで呼ばれる。
「夜中に転んで痛いと言ってる」
背中もしくは腰の骨折が疑われたので、素人には無理と判断し、
119番にTEL。
さすが救急車。
救急担当医の診察はすぐ。
他の患者さんはいなかったが・・・(笑)
しかし、レントゲン技師や検査技師、整形のドクターの診断待ちで3時間。
圧迫骨折の疑いで即入院。
「減薬して食欲が戻り、これからがんばろうってしてたのに・・」とドクターに言うと、
「そういうもんです。歩こうとがんばったのが治りかけてたって証拠です。」と
なぐさめられた(笑)

お泊まりセット等々の準備にとって返し、
義妹達にメール連絡。
朝から近所にご迷惑おかけしました。

日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ババ復調・・・半ば(笑)

減薬してから食欲は戻りつつある。
が、相変わらずやる気なしモード(笑)
やる気ない人をやる気にさせるのは難しい。
私はとうにさじを投げてる。
ババの人生だもの、
楽しく過ごすか、つまらなく過ごすか、ババが決めればいい。

私の人生は楽しく過ごす方がいいな~(笑)
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ずっと見たかった(笑)

大野智ソロ曲
歌の雰囲気から光源氏のような雅な舞をイメージしていたが違った。
どちらかというと「孤高の武士」か「能」
もしくは野村萬斎(笑)←しやがれの「蚊」

鋭角に切り取られた動きであるのに流れはスムーズで美しい。

日本よいとこ摩訶不思議
元の少年隊よりはるかに歌が上手い。
こんなに名曲だったのか。
と、改めて作詞作曲の野村さんに感動しちゃったよ(笑)

全体的に「日本の美」を強調したステージで、
きれいだな~と
太鼓や笛、三味線等々聞き応えあり。
既存の曲が浮いて見える(笑)

実際のステージを見てみたい!
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

フラゲ

DSC00119.jpg

DSC00122.jpg

摩訶不思議と暁が見たかったのだ(笑)
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

ジジは寝てた

デイサービスの送迎車から電話。

「お迎えにきたのですが、いらっしゃいません」

びっくりして見に行くと、
マッサージチェアで爆睡していた。

倒れたかとおもった(笑)

ああ・・これからバスが来る前に確認に行かねば。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ババ ショートステイ

金曜日、通院日で、微熱あるものの検査は異常なし。
炎症反応もないが、念のため点滴をしてもらった。
ドクターのサービスっぽい(笑)

お薬は大幅に減らす。

先週、救急外来にかかったとき
「飲めないなら、これとこれだけでも・・」という指示があったので、
復調しても私の判断でそのまま減薬しておいたのだ。
ただし、血圧、体温など記録を取って、プリントアウトしておいた。
それを見て、
「一気に減らすのは問題があるが・・・・ いいみたいだね。
 次回の診察までこれで様子を見よう。」

翌日ショートステイをお願いし、ホームに移動。
食欲も出て、完食してるもよう。
元気になるといいな~
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

追加

DSC00092.jpg
ビビリのお兄ちゃん。

DSC00106.jpg
最初は泣いてます。

DSC00110.jpg
笑顔。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

泳いだのだ!!

DSC00058.jpg


P11908172.jpg      DSC00817.jpg
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

怒濤

娘家族が帰ってきたものの、
孫は発熱、
ババが調子を落とし、病院同時受診。
それでも回復せず、
孫の熱は下がらない。

ババは嘔吐繰り返し、ババのみ夜間外来で点滴。
吐き気止めの座薬を処方され、帰宅。
義妹が泊まりこみで様子をみる。

長男家族、義妹家族がやってきて、賑やか。

翌日はヘルパー資格を持つ姪っ子が泊まり込んでくれた。
投薬に関しては、
最低限度のお薬をどうにかして飲ませることと指示がああったので、
薬剤師の嫁にアドバイスを受け、
ペアになるお薬を追加で飲ませる。
熱は微熱を繰り返す。
嘔吐はおさまる。
病院の考え方は
「食事が取れないだけでは入院出来ません。」とのこと。
う~~ん。
確かにそうだけど。
家族はババの姿を見るに忍びなく、疲労もピーク。

日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)